Scripted City Revised
Scripted City Revised
Invalid Date

カガリビト

いわゆる民族音楽的な要素とジャズ的な要素、変拍子、Appendミクの歌い分けなど、色々な要素が入った曲。
おそらくmillstonesの曲でもっとも知名度のあるものの一つ。
元々は変拍子コンピレーションアルバム「4≠4」への提供曲。

収録CD

オリジナルアルバム

バイバイ、ブラックワールドセカイカタログ
バイバイ、ブラックワールドセカイカタログ

歌詞

クリックして表示
静まり返り  眠る街を駆けゆく 吹き抜け踊る 風に乗り夜の淵へ 輝く月が   その横顔を捉える 冷たく光る  左手は何を掴む

解れゆく世界の   欠片をひとひら
意思の火を片手に  縢り歩く
終わりなど見えない 仕組みなのだから
問う事は諦め    一つ一つ

絓糸途切れ  気付けば唯一の針
縋る事さえ  許されずに膝を折る
水面に映る  ツギハギだらけの身体
空蝉に問う  これは夢か幻か

くたびれては眠り   赤い夢を見る
篝火は倒れて     空を焦がす
急き立てられるように ゆらり歩き出す
孤独な太陽の様に   繰り返して

繋ぎ止める
全ての火を

澄み切った青空  岩陰にもたれて
頬撫でゆく風は 「おやすみ」と呟いた

解れ 解れ
欠片に戻る現世の記憶は 霧散の瀬戸際を未だ見ず

辛うじて留める
形を繋ぐ敢え無い魔法は 掛け替えの無い命の影

動かぬその右手にはクチナシの花束を 地に返る魂に捧ぐ餞
残された世界には縁なしの絶望と   願わくば暫くの永遠を

Powered by